【スリム体験】加圧シャツ(コンプレッションウェア)を着るようになって変わったこと

ぼくは今年の春から加圧シャツを着るようになったのですが、そろそろ秋になるというこの時期までの半年間で、何だかずいぶんと体型が変わりました。

着るだけで筋肉がついたり痩せたりする」というキャッチコピーは、ほとんどの加圧シャツの広告で見かけます。もちろん個人差はあるでしょうし、効果の大小はもとの体型にもよるわけで、一概には言えません。でも、ぼくには合っていたみたいです。

スポンサーリンク

 


3種類購入で使い分け

加圧シャツのメーカーはいろいろあります。ぼくは半袖の「マッスルプレス」、長袖(8分袖)の「モアプレッシャー」、それからもう1つ半袖で某スポーツメーカーのものを、合計6着購入しました。

マッスルプレスもモアプレッシャーも、ポリウレタン製のギュンギュンに締めつけてくる加圧シャツで、最初に着る時はあまりの細さに

いきなり破れたりしないよね、これ・・・

とビクビクものでした。着脱に慣れてしまうと、もうこれが当たり前のようになってしまうのですが、最初はやはり爪を立てないようにとか、引っ張り過ぎないで脱ぐにはどうすればいいか、とか考えました。

購入前の口コミでは「すぐ破れた」というような声もあったのですが、ぼくは大丈夫でした。

さて、使い分けの話ですが、真夏の暑い時期にトレーニングする時は、半袖のマッスルプレスを着用。モアプレッシャーの方は普段着でも使っていました。

マッスルプレスも普段着のインナーとして時々使ってみました。胸元がかなり空いているので中に着ていても目立たないのがいい感じです。

ただ、ぼくは身長が168センチ程なのでマッスルプレスはMでいいかなと思って買ったのですが、Lにすれば良かったと後悔しました。

最近はお腹周りがスマートになったので着心地が良くなったのですが、Mでは丈が短いためにポッコリお腹に負けてすぐに裾がせり上がってしまっていたのです。Lだったら完璧だったと思います。



着るだけ!加圧シャツで筋肉を刺激!

普段着としてどんどん使っていたのはモアプレッシャーです。8分袖というのは使い勝手が良くて、見せるインナーとして重宝しました。

モアプレッシャーはマッスルプレスとは逆に丈が極端に長いので、腹巻代わりにもなってとてもいい感じです。

【長袖(8分袖)タイプ】秋冬用 加圧インナー「モアプレッシャー」 加圧シャツ 着圧 メンズ 筋トレ 猫背 腹筋 消臭 発熱

加圧にはすぐに慣れる

届いたものを最初に着てみた時は、

この加圧をずっと受けていたら、具合が悪くなるんじゃないか・・・

とちょっと思いました。見た目は通常のTシャツの半分もありません。着られることが奇跡のように感じます。

でも実際に着続けていると、最初に感じた不安などすぐに忘れました。慣れてしまうと加圧感はとても心地よいものです。

あと、もう一つ。

着ている間はお腹の部分への加圧が強いので、食べ過ぎることができません。外食で腹いっぱいになるまで食べることもなくなり、結果的に体重はみるみる減っていきました。

半年で3キロ落とし、ウエストもかなり細くなったのでズボンを買い換えました。

こんなに簡単に絞れたのは、これまでに経験したことがありません。しかもリバウンドしません。うれしい限りです。

半年ぐらいでは縮まないし破れない

選択する時は一応念のため、ネットに入れて洗っています。そのせいもあるのでしょうが、伸びたり縮んだり毛羽立ったりすることもなく、半年たっても快適な加圧っぷりを維持しています。

全く劣化しません。これは予想外でした。

ポリウレタンの寿命は2年ほどだと言われています。でも丁寧に使えばもっと持ちそうな気がします。

そうはいっても薄い生地ですから、自分の爪やとがったものに引っかかって破ったりしないように、それだけは十分に注意しています。

着続けてお腹が凹むとさらにいい感じに

6か月前まではぽっこりお腹が出っ張っていたので、加圧シャツでお腹を絞ると肉が左右横にはみ出る感じになってしまい、とっても悲しい見栄えになっていました。

今はそんなことはありません。

着続けていて、しみじみ思ったことがあります。加圧シャツを着るというのは、たとえば花嫁さんになる人が、

式でこのドレスが着たいからダイエットする!

というのにちょっと似ていると思います。加圧シャツに似合うお腹になるために加圧シャツを着ていて、絞れてくると加圧シャツが似合う男になれるという寸法です。

加圧シャツを着ていると何となくスリムになった気がします。これは「スリムになった自分」という良いイメージを持つことで、目標へのやる気が高まるという効果があるような気がします。ダイエットでもトレーニングでも、モチベーションを維持し続けることが長続きの秘訣ですが、加圧シャツを着ると本当にスイッチが入る感じです。

これは着てみると一発でわかると思います。引き締めるってホントにすごい!

加圧シャツを着続けて、運動も続けて、食事も腹八分ぐらいにすることでどんどんスリムになっていくと、加圧シャツが似合う体型に近づいていきます。そうすれば「もっとがんばろう」という気になるので、目標がより一層近づくということに。

加圧シャツの似合う男」という目標を持つだけでも十分に効果があると思いますから、スリムになりたいと思う人はぜひ試してみてください。

まとめ

程よい加圧を常に感じて、背筋もしゃきっとしてくるので、我ながら立ち振る舞いなども若々しくなったような気がします。体型の前にまず、トレーニングに対するモチベーションが変わりました。これがスリムに慣れた大きな理由の一つだと思います。

加圧シャツを上手に活用すれば、世の中にでっぷりお腹の人がいなくなるんじゃないだろうか、とさえ思います。お腹周りが程よく圧迫されていれば、誰も満腹になるまで食べまくろうなんて考えもしないと思います。

加圧シャツは、厚生労働省あたりが全国民に配ってくれてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク