1日3食? 2食? それとも1食だけ? 健康に本当に良い食事回数とは

芸能人がこぞって食事回数を公開するので、それにつられて回数を減らしてみたりする人も多い。ぼくも昔、2食生活に切り替えてみたことがある。体重が激減してしまって(1か月で2キロとか)、ビビッて止めてしまったけど。

1日1食とか2食の人は、健康に良いと考えて食事回数を減らしているわけで、それがその人の健康状態を良好に保つ秘訣になっていることも多い。でも3食食べて病気になる人もいるし、1食の人が健康的に見えない場合もある。

健康に良いのは果たして1日何食なのだろうか。

スポンサーリンク

 


日本人の食事の回数

江戸時代の始め頃まで日本人の食事習慣は1日2食だった、という話をよく耳にする。

そもそも江戸時代の人は、日の出とともに起床し、「朝飯前」に一仕事して、正午近くになってから朝食をとっていた。そして夕方4時ごろに夕食を食べ、暗くなったら早々に寝るのである。江戸時代の生活パターンからすると、2食が最も自然だったようだ。

2食で済ませていたのには様々な理由がある。

何と言っても江戸時代の庶民の暮らしは質素で貧しく、食料も豊富ではなかった。物流が発達しているはずもないので、その日手に入ったもので済ませていた。そんな時代に3食分の食料を確保するのは難しかったんじゃないかな、と。

また、現代のように電灯の下で明るい夜を過ごせるわけではなかったので、暗くなったら寝るしかない。だから現代のように夜の7時や8時にご飯を食べるわけもない。生活時間の長さが食事回数を決定づけていたわけだ。

裕福な家では3食しっかり食べていたのかもしれない。でも天皇家では近代まで2食の習慣を続けていたという話もあるので、庶民だけのことではなかったのかも・・・。

ちなみに江戸時代から3食になった理由には諸説あり、一般的には次のような推測がされている。

・江戸時代に菜種油や魚油を使った行燈(あんどん)が急速に普及し、暗くなってからも活動できるようになった。そのため夜食をとる人が増えた。
・江戸で大火事(明暦の大火 1657年)があり、その復興作業のために大量の労働者が流入。2食では足りない肉体労働者たちのために食事処が急増し、食習慣に変革をもたらした。

海外の食事の回数

欧米でも日本と同じく昔は2食で済ませていたと言われている。それが3食になるきっかけもやはり生活時間の変化が大きいけれど、それについては有名な話がある。

アメリカでは夜を照らす灯りと朝食をおいしく食べる機械を同時に提供した人物がいる。発明王エジソンだ。

エジソンは自身で電球を発明しただけでなく、パンを焼くトースターも発明した。そしてそれを普及させるために「健康のためには3食食べたほうがいい」と、それまで朝食を釣る習慣がなかった一般家庭にホカホカのトーストを食べさせることに成功した、という話だ。

どこまで本当なのかは定かではないけれど、エジソンが本気で健康について考えていたとは思えない。事実、とある記者から「どうしてそんなに発明を考える時間があるのか」と尋ねられて、「食事時間と睡眠時間を削ればいい」と答えているぐらいだ。

ちなみにドイツには「3食のうち2食は自分のためだけど、残りの1食は医者のため」ということわざがあるらしい。食べ過ぎると病気になる、という考えは古来から庶民の間で常識とされていたのかもしれない。

2食・1食への回帰

で、最近は芸能人が食事回数を・・・という話だけれど、こういう人たちが「朝は食べない」とか「俺、1食」とか言った場合の影響力ってのはものすごく大きい。

近年のこの風潮は、「2食だった昔に戻る」ことを推奨する回帰運動のようなものかもしれない。

例えばこんな感じで1日1食を実践しているようだ。

水谷豊・・・朝と昼は食べず、夕食をしっかり食べる。
千葉真一・・・60代後半から一日一食に。
ビートたけし・・・朝は野菜ジュースをしっかり飲む。あとは夕食のみ。

1日1食で済ます食事習慣を身につけた有名人には、他にもこんな人たちがいる。

タモリ、福山雅治、高橋一生、内村航平、オバマ元大統領、京本政樹、Gackt、辰吉丈一郎、三枝成彰、ドクター中松

一日一食と言っても、朝昼何も食べないわけではない。たっぷりの野菜をミキサーにかけて作ったジュースなら、下手な朝食メニューよりもよほど身体に良さそうではある。トーストにトランス脂肪酸を塗って食べるより断然いい。

また、有名人たちは打ち合わせなどで会食することも多いだろうから、おそらく夜は質の良い食品をがっつり食べてる。一日単位で見た場合、摂取する栄養量的には必要十分なんじゃないかな、とも思う。

でも彼らに「2食でずっと快調」「1食が俺にはいちばん合ってる」と言われると、「じゃあ、ぼくも」とついつい乗ってしまう。それが自分に合ってるかどうかは試してみないとわからないし、ホントに合ってるかもしれない。でも鵜呑みにしてマネるだけというのは危険。ライフスタイルが全然違うんだから盲信はイカンと思う。

1日1食の実践を考える人は、専門家の意見を知り、正しい知識を身につけた上で行う必要があると思う。

「3食きちんと」も考え方次第

医者の著書などをいくつか読むと、「3食しっかり食べる」派は多い。世間から注目されているのは、3食未満を推奨し実践している著書だけれど、3食きちんと食べましょうというのは医学界ではまだまだ根強い。

でも、意見が違っている両派にあえて共通点を見出すとすれば、それは「腹7分目」「腹6分目」「おいしく食べる」「全く食べないのはダメ」「満腹になるほど食べない」といった落としどころに注目すべきポイントがある。

3食推奨派であっても、当然ながら「3食とも腹いっぱいガッツリ食べろ」と言っているわけではない。腹6分とかでやめておいたら、一日に食べる総量はこれまでの3分の2ぐらいになるわけで、これは1食抜くのと同じだ。

極端に「1食で」と言っている医者も、水分補給はしているし、固形のもの以外のものを食べたりしている。ただ、医学者として「飢餓状態でなければ延命遺伝子が働かない」とか「夕食時間が遅くなるほど若さと健康が遠のく」という考えの上に立って、自分に合った食事回数を提唱しているだけだ。

個人差はあるけれど、実際には「必要な量だけ適度に摂ることが健康に良い」ということを言っているに過ぎないと思う。だからぼくたち一般人が回数だけに注目するのは、たぶん間違ってる。

無理せず自分の方法で健康を目指す

世の中には様々な情報が飛び交っているので、時々いたずらに流されてしまうこともあるよね。

仏教の断食やイスラム教のラマダンなどが長寿をもたらすのではないか、という話も聞くけれど、ぼくはお坊さんではないしイスラム教徒でもないので、すぐにマネしようとは思わないし、たぶん我慢できない。長年続けてきたから達することができた境地のようなものもあるのだろうし・・・。

だから一時の情報やブームに流されるのではなく、自分に合った方法を強い意志をもって貫徹することのほうが重要かな、とぼくは思ってる。実際それで体重はキープできてるし、体脂肪率も結構低い。

今のところ、1食にする予定はないかな。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク