[肝機能編] 自己判断は禁物だけどある程度知っておきたい検査結果の見方

健康診断で肝機能に問題ありという結果が出ると、誰でも心配になる。

健康診断の血液検査結果の中で、肝機能に関わる検査項目は次の通り。それぞれに深い意味があるので、数値が高かったりしたら素直に精密検査を受けた方が良さそう。

スポンサーリンク

 


肝機能に関わる検査項目

検査項目は検診の種類によって数が違うので、以下に挙げる検査項目が全てあるとは限らないのが悲しいところ。しっかり受けないと調べてもらえない検査もあるので、特定健診しか受けてない中高年は、たまには人間ドックとかに足を運んだ方がいいかも・・・。

GOT(AST)

心筋、肝臓、骨格筋、腎臓などの細胞に含まれている酵素で、アミノ酸生成のサポートをしている。特に肝臓に多く存在しているので、主に肝機能の検査に利用されている。

もし肝臓に異常があって肝細胞が破壊されたりすると、GOTが血液中に漏れ出してくる。血液検査でGOTが基準値より多い場合は、ちょっと疑わしいというわけだ。

なお、急性心筋梗塞や筋ジストロフィーの指標としても使われている。

ちなみにGOTはグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼの略。でもこの酵素名は近年では国際的な基準に合わせてAST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)という名称に変わってきている。現在は移行期のため、両方の名称が列記されていることが多い。

GTP(ALT)

GTPもGOTと同じように心筋、肝臓、骨格筋、腎臓などの細胞に含まれている酵素。アミノ酸の代謝に関わっている点でも、肝細胞が破壊されると血液中に漏れ出すという点でもGOTと似ているけれど、GTPの方が血液中で消化されて無くなるまでに時間がかかる。だからGOTが少なくてもGTPが多ければ、やっぱり怪しいということになる。

GTP(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)もまた、国際基準に合わせて名称をALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)に統一しようとしている。

γ-GTP(ガンマ ジーティーピー)

γ-GTP(ガンマグルタミルトランスペプチダーゼ)は肝臓の解毒作用をサポートしている酵素。体内に侵入する毒が多ければ多いほど、血中のγ-GTPの濃度は高くなる。

で、その毒に分類されるものの中には肝毒性を持つ薬物とか精油などもあるけれど、最も一般的なのがアルコール、つまりお酒だ。

体内に入ったアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに変性される。アセトアルデヒドはそのままでは毒性があるので、肝細胞中のアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が、がんばって無毒な酢酸に分解する。その過程で中性脂肪や炭酸ガスなども発生するけれど、ここまでくれば毒性はないので体内で消化されたり体外へ排出されたりして、おしまい。

健康診断の前日に大酒を飲む人もいないと思うんだけど、「昨夜までアルコールを分解してました」なんて人の場合、血液検査でγ-GTPの増加が顕著になるので要再検となってしまう。

禁酒して再検査に臨んで、それでもγ-GTPの値が高ければ、アルコールの過剰摂取による肝機能障害や結石,腫瘍などが疑われる。また、γ-GTPの値だけでなくGTPやGOTの値も高い場合は、肝炎,肝硬変,肝臓がんの疑いも出てくる。

飲み過ぎればそれだけ肝臓をこき使うことになるわけだから、壊れてしまっても自己責任。それが嫌なら「お酒はほどほどにね」ってことだ。

ALP(エーエルピー)

アルカリフォスファターゼという酵素で、主に肝臓・胆管・骨・十二指腸で活性している。レバーや乳製品に含まれるリン酸化合物の代謝に関わっていると言われてる。

そのため肝臓の障害や骨の疾患の指標として使われていて、ALP値だけが高い場合は骨、ALP値だけでなくGOTやGTPも高い場合は肝臓の不具合が疑われるというわけ。

TP(総蛋白)

TP(トータルプロテイン)あるいは総蛋白と表記される数値は、血液中のタンパク質の量。

高くても低くても良くないのだけれど、特に極端に高い数値の場合は肝臓の重い障害が疑われる。

T-Bil(総ビリルビン)

T-Bil(トータルビリルビン)あるいは総ビリルビンと表記される数値は、赤血球を廃棄するときに生じるビリルビンという黄色い色素が血液中にどれだけ含まれるか、というもの。

ビリルビンは毒性がある。普通は肝臓内で胆汁に変換されて、油の代謝とかに使われるのだけれど、肝臓や胆管に異常があると処理しきれなかったビリルビンが血液中に漏れ出す。だから数値が高いってことは肝臓や胆管などの機能に問題が生じてる可能性があるってことになる。

血液中にビリルビンが増えると黄疸と言って肌が黄色くなったり黒ずんだりしてくる。もっと増えると毒性が神経に回る。かなり怖い話だ。

LDH(乳酸脱水素酵素)

LDH(lactate dehydrogenase)あるいは乳酸脱水素酵素という酵素は、肝臓・心筋・肺・腎臓・赤血球・骨格筋などに多く含まれていて、糖をエネルギーに変えるサポートをしている。

肝臓をはじめ各種臓器に異常があるとLDHが血液中に漏れ出す。だからLDHが高い場合は要注意で、どこに問題があるのか絞り込まなければならない。

コリンエステラーゼ

コリンエステラーゼは脂肪(コリンエステル)を分解してタンパク質をつくり出す働きをしている酵素で、肝臓でしか生成されない。

肝炎や肝硬変,肝がんなどの場合はコリンエステラーゼが正常に生成されなくなるため数値が低くなる。逆に脂肪肝や肥満,糖尿病,ネフローゼ症候群,甲状腺機能亢進症の場合に数値が高くなる。

特に肝臓の障害に関しては凄く敏感で、他の検査項目よりも早く反応する傾向がある。

LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)

LAP(leucine aminopeptidase)はロイシンアミノペプチターゼという酵素で、その名の通り必須アミノ酸であるロイシンの代謝に関わっている。主に肝臓,胆のう,腎臓,すい臓に含まれているので、コリンエステラーゼの血中濃度の高さは肝胆道系統の障害の指標となる。

ZTTとTTT

ZTT(硫酸亜鉛試験)とTTT(チモール混濁試験)の2つの検査は、共に血清タンパクのうちのγグロブリンとアルブミンの比率を見る検査。

肝障害が起こるとアルブミンが減少してγ-グロブリンが増加する傾向があるため、この2つの検査が指標となることが多い。

TTTだけが高い場合は急性肝炎が疑われ、TTTとZTTが両方とも高い場合は慢性肝炎が考えられる。高脂血症ではTTT、膠原病や慢性感染症ではZTTが高くなる。

数値の高低により疑われる疾病

ここまでに挙げた検査の、それぞれの数値の高い低いで、どんな疾病が疑われるのかをざっくりまとめてみたのが以下の表。参考までに。

基準値というのは検査機関によって若干の差異があるし、疑われる疾病もあくまで目安なので注意。

健康診断の検査結果は通常、数値に問題がある人には医師や管理衛生士などから説明があるはずなのだけれど、無視して行かなかったりすると説明が受けられなかったり、再検査が出来なかったりする。

あとから困ったり心配になったりするのは、医者じゃなくて自分なんだからね。チェックが入ったら説明を受けなきゃダメ。医者に怒られる。

ぼくはチェックが入った時はちゃんと説明を受けに行ってる。若い頃は行かなかったこともあったけど。

最近は「疲れやすい」「だるい」といった症状の原因が腎臓や肝臓の障害だった、というような話もよく聞くので、特に中高年になってしまった以上は、油断して危険信号を見過ごすことがないようにしたい。

実際のところ、どの数値が高くても低くても、それが一時的なものか慢性的なものか、肝機能障害によるものか他原因によるものかは、精密検査をして総合的に判断しないとわからない。

テレビによく登場する名医とかであれば一発で判断してくれたりするのかもしれないけど、人間の身体の反応は千差万別だから。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク