珠玉のひと粒が手間いらずのアメ玉感覚で食べられる!松尾農園の健康「黒にんにく」

黒にんにくを食べたことがありますか?

にんにくだとは思えないあの色、口当たり、そしてあの風味・・・。一度食べたら病みつきになる人が多いんです。ぼくもそうでしたが・・・。

他では真似ができない完成度!800時間熟成の黒にんにく、しかもアメ玉包装!

黒にんにくがアメ玉感覚で食べられるっていうのは、実はすごいことなんです。皮をむかなくてもいいので指先を汚さないし、職場に持っていって、おやつ気分でパクッ、なんてこともできてしまいます。
そういう黒にんにく「松尾農園の黒にんにく」というものがあるんです。これ、いいですよ。


スポンサーリンク

 


黒にんにくの効果

黒にんにくの効能はもう有名ですが、おさらいのためにもう一度、ちょっとだけまとめます。

熟成した黒にんにくにはS-アリルシステインという、けっこう名の知れた抗酸化物質が発生します。

この成分は生のにんにくにも少量含まれています。でも生の状態ではアリシンアイリンという別の物質として含有されており、S-アリスシステインになるためには熟成させる必要があるのです。

熟成されたにんにくに含まれるS-アリルシステインは、生のにんにくの数十倍になると言われています。

黒にんにくに多量に含まれるS-アリルシステインは、次のような効能があるとされています。

・抗酸化作用
・抗がん作用

アメリカ国立がん研究所の調査では、週1回にんにくを食べる人は、にんにくを食べない人と比べて大腸ガンのリスクが32%も減少したという結果が出ました。

また中国の北京がん研究所による追跡調査では、にんにくや玉ねぎの摂取量の多いグループの胃がん発生率は、摂取量の少ないグループの40%しかなかったという結果が・・・。

どちらも、にんにくの摂取ががんの予防につながる可能性を示唆した報告だと言えます。にんにくの抗がん作用については、現在でも世界中で研究が続けられています。

抗酸化作用についてはメディアでも報道されているのでご存知の方も多いと思います。

生にんにくには抗酸化作用の強いポリフェノールがたっぷり含まれているわけです。それが熟成されて黒にんにくになると5~10倍に増えるというのですから、活性酸素対策にはかなりいい仕事をしてくれるのは容易に想像できます。

さらに黒にんにくには、遊離アミノ酸と呼ばれるアミノ酸が多く含まれています。遊離アミノ酸というのは言うなれば「独立して活躍するフリーのアミノ酸」なので、体内を循環して必要な場所で利用される「使えるヤツ」という感じです。

トレーニング中の人がタンパク質を効率よく作るためにも、黒にんにくはとても役立つと考えられています。

黒にんにくって、家で作れるの?

黒にんにくは一定の温度で長時間置くことにより熟成されます。これを自宅で行なっている人もいます。

ご飯を温めるための電子保温ジャー2週間ほどかけて作る方法が一般的です。

スーパーで売っているにんにくを買ってきて、自宅で黒にんにくにできるなら安上がりですよね。きっと。

でもかなりの臭いが移ってしまいますから専用のジャーでなければなりませんし、熟成させている時に周りに広がる臭いへの対策を考えたりしなければなりません。何より手間がかかること、自分の時間や場所を取られることは覚悟する必要があります。

市販の黒にんにくは自宅では真似ができないほどの熟成時間をかけているものもあります。家で作ろうと思えばできるけれど、やっぱり市販品と自家製は別物と考えるべきでしょう。

黒にんにくの口コミは?

実際に黒にんにくを食べている人たちは、どんな感想を持っているのでしょうか。

メディアにも登場する人気商品、松尾農園の黒にんにくの口コミはこんな感じです。

「臭いもなく、メロンより甘くてびっくり!」
コーヒーと一緒におやつ代わりに。体がポカポカしていい感じ。」
風邪をひかなくなった。」

感じ方には個人差があるので、誰もが同じ効果を得られるわけではないと思いますが、もともとのにんにくの効果というものは世界中で実証されているわけですし、熟成されることで有効成分が増大しているのですから、やはり黒にんにくの効能は誰にとっても魅力なのではないでしょうか。

黒にんにくのコスト・お得な購入方法

黒にんにくの価格にはけっこう幅があります。でも、高級品とされているものは1か月以上熟成して手間ひまかけて作られているので、それなりの値段はします。

1か月熟成ものの通常価格は、1玉500~600円というところです。1日あたり何粒(何片)食べるかにもよりますが、1粒ずつ食べるとしたらコストは100円前後ということになります。

良質の黒にんにくが安く買えるのは、やはり公式サイトの通販です。通販サイトで購入する黒にんにくは1か月以上の長期間熟成がほとんどですし、1片が大粒でお得。

一番のおすすめは松尾農園の黒にんにくです。松尾農園の黒にんにくの場合は、800時間という長期熟成ものであるだけでなく、黒にんにくとしては珍しい1粒ずつのアメ玉包装がされています。これは食べる側にとってはすごくうれしいことです。皮をむく手間が要らないわけですから。

松尾農園の黒にんにくならお試しモニターセットも用意されていますし、返品・交換も14日以内なら可能。これから食べ始めてみようかと迷っている人にはぴったりです。

まとめ

黒にんにくはプルーンみたいだよ」と知り合いから聞いてはいたのですが、実際に食べてみた時には本当にびっくりしました。おいしくて4つも5つも食べてしまいました。

でも人によってはたくさん食べすぎるとお腹がゆるくなることがあるんですね。聞いたことはあったんですが。

ぼくは次の日にゆるくなって、

ああ、これか

と身をもって経験しました。美味しいからって食べ過ぎるのはダメですね。それはどんなものでも同じです。

でも黒にんにくは1粒ずつ食べれば健康にいいのは間違いなさそうだと、ぼくは実感しました。何といっても最近はとても「元気」を感じますから。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク