「おしっこの色が濃い」「匂いがキツイ」・・・変わったなと感じた場合に考えるべきこと

尿(おしっこ)というのは健康な時は特別に意識することがありませんが、体調を壊したりすると途端に気になるものに変わります。

入院した時にはカテーテルを挿入しますが、そういう時ほど健康のありがたみを感じるもので、意識することなく尿ができる状態というのは本当に素晴らしいものなのです。

この何気なく出している尿は、実はいろいろなことを教えてくれるバロメーターなので、出しっぱなしにせず、きちんと観察することをおすすめします。

スポンサーリンク

 


尿の色は健康のバロメーター

朝起きて最初の尿は、健康状態を知る上での指標になると言われています。

健康な状態でも尿の色は変化します。

無色・・・水分の摂り過ぎによる無色なら健康
黄色・・・ビタミンの摂り過ぎによる黄色なら健康
褐色(濃い色)・・・水分不足で濃いのなら健康

薬剤を飲んだ時にも変化します。

黄色・・・風邪薬などを飲んだ時など
赤ピンク・・・下剤を飲んだ時など
茶黒・・・血圧降下剤を飲んだ時など
緑色・・・肝機能検査薬を飲んだ時など
青色・・・腎機能検査薬を飲んだ時など
黒色・・・神経治療薬を飲んだ時など

最も注意したいのは次の2色です。

赤色・・・血尿、腎炎
白色・・・細菌尿、脂肪尿、膿尿

激しい運動をした後やストレスにさらされた時、極端に疲労している時には一時的に色が濃くなったり赤くなったりします。

尿の黄色はもともとは血中のヘモグロビンなので、腎臓のろ過機能が低下すると赤っぽくなります。

濃い色は主に水分不足が原因です。夏になると色が濃くなる人も多いようです。

白く濁った尿が出たら、ひとまずは医療機関へ行った方がいいかもしれません。

尿管結石や腎炎、膀胱炎、尿道炎、腎結核など様々な病気で尿の濁りがみられることがあります。細菌の感染や、炎症が化膿してしまった場合には細菌尿や膿尿が出ることもあります。

尿の匂いにも注意を

尿の色と並んで、体調に応じて変化するのが尿の匂いです。

匂いと言ってもいろいろありますが、健康な人の場合は限られています。

アンモニア臭の強い匂い・・・水分不足、ニンニクやニラなど食品の影響
ただし、細菌感染症膀胱炎の場合にも強いアンモニア臭を発することがあるため、普段と極端に違っていると感じた場合は医療機関に相談することをおすすめします。

アンモニア臭以外の匂いもあります。健康な人は経験することがほとんどないと思いますが、内臓に疾患がある人の場合は特別な匂いがすることが知られています。

甘い匂い・・・糖尿病
甘酸っぱい匂い・・・糖尿病性ケトアシドーシス

その他にもフェニールケトン尿症メープルシロップ尿症などといった特殊な病気でも独特の匂いを生じます。

尿酸値が高くなるとアンモニア臭が強くなることがあります。尿路結石腎障害痛風などの場合が該当します。

匂いが極端に変わったと感じたら、医療機関で早めに診断してもらうようにしましょう。

なお、尿糖の検査キットなども販売されているので、日々の健康管理に利用してみるのもいいかもしれません。

色や匂いが変わった時に確認すること

ある日突然に、尿の色や匂いが激変したらびっくりしますね。でも突然変わっても心を落ち着かせて、まずは原因を考えてみましょう。

まずは食事です。普段と違ったものを食べていないか、思い起こしてみましょう。

ミカンを食べ過ぎていないか
ニンニクやニラを使った料理を食べていないか
コーヒーを飲み過ぎていないか
デミグラスソースの料理を食べていないか
栄養ドリンクを飲んでいないか

また、体調の面で問題はないかどうか振り返ってみることも必要です。

風邪をひいていないか
寝不足ではないか
水分を摂るのを忘れていないか
薬を飲んでいないか
疲れやだるさを感じていないか
腹痛などの症状はないか

安易な自己判断は禁物です。でも毎日何気なくチェックすることは、自己管理の基本とも言います。変化にいち早く気づけるように意識づけをしていくことは大切です。

まとめ

尿の色や匂いは健康のバロメーター。色を見て食生活やその他の生活習慣を振り返ることはとても大切なことです。

もしも尿の色や匂いがいつもと違うと感じたら、

「無理をしていないか」「ストレスを溜め込んでいないか」「休息は十分とれているか」

など、自分自身に確認してみましょう。

そして、気になった場合は早めに医療機関へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク