中高年の薄毛・抜け毛・頭皮トラブルは湯シャンで解決!? そのメリットと注意点まとめ

この記事では頭皮にやさしいとされている湯シャンについて調べたことや、実践してみた感想をまとめています。

湯シャン」という言葉が登場したのは、今から5年ほど前のこと。

合成洗剤によるシャンプーに疲れ切った髪や頭皮を生き返らせるための、究極のヘアケア方法として注目され続けている湯シャン。その効果については様々な意見があるものの、メリットを高く評価する声は少なくありません。

今回は、有名人にも実践者が多い「湯シャン」について紹介します。管理人も実践してみていますので、感想も含めてまとめていきます。

スポンサーリンク

 


芸能人もやっている湯シャン

湯シャンが有名になったのは福山雅治さん、ミランダ・カーさんなど国内外の有名人が実践していることが知られるようになってからですが、湯シャンっぽいことをしている人や、普通の人よりもシャンプーの回数が極端に少ない人は、芸能界にたくさんいます。

芸能人がやってるからってマネしなくても・・・

という声が聞こえてきそうですが、芸能界というのは情報が早いため、新しいことに率先して取り組む人が多いですね。悪いことではないと思います。

で、湯シャンってなに?どんな効能があるの?

湯シャンというのは「お湯だけで頭を洗うこと」です。

実際シャンプーをほとんど使わずにお湯だけで髪を洗っている(らしい)福山雅治さんやミランダ・カーさん以外にも、タモリさん、中村アンさん、君島十和子さん、五木寛之さんら有名人が「髪のため」「頭皮の健康のため」「ニオイやかゆみを抑えるため」にシャンプーの回数を3日に1度~1か月に1度程度に減らし、その結果満足のいく効果を得ているとか。

湯シャン、何だか良さそうに聞こえますね。

髪と頭皮のためにシャンプーと決別する人たち

髪の悩みや頭皮のトラブルは誰もが抱えていることです。特に中高年になると髪の質も悪くなり、頭皮も乾燥したりして荒れがちになったりしますね。薄毛や抜け毛が進行したり、慢性的な頭皮のトラブルに見舞われている人も少なくありません。

いつも頭痒くてベタベタ・・・。
最近になって頭がクサイって家族に言われるようになってきた。
年々薄毛になってきているのが怖い!

そのトラブルを解決するための手段として、湯シャンがとても効果的だというのです。

湯シャンの実践者たちは、髪と頭皮のためにシャンプーと決別する道を選びました。シャンプーと言ってもいろいろありますが、一般的なシャンプーは髪と頭皮の油脂を根こそぎ洗い流してしまうため、汚れも落ちますが髪や頭皮に必要な「良い脂」も同時に失われてしまいます。

シャンプーの洗浄能力は、若い頃ならまだしも、髪も頭皮も脂が少なくなってきている中高年にとっては効力が強すぎます。これがシャンプーと決別する理由です。

シャンプーは髪や頭皮を痛める原因の一つになっているのではないかと言われるようになって、「毎日シャンプーするのはダメ」とか「シャンプーなど使わずにお湯で洗う」という風潮を生み出したのです。

湯シャン実践者たちの声

「湯シャンっていいよ!」という声は毎日のようにネット上に挙がっています。健康志向が年々高まる昨今、シャンプーやリンスに頼らないヘアケアというものに誰もが興味をそそられるんですね。

湯シャンのいろいろな噂

そうは言ってもお湯だけではきれいにならない気もしますし、「シャンプーを使わなかったらニオイってどうなるの?」という心配もあります。

「湯シャンってなんだかなあ」という声もいろいろあります。

当然ながらシャンプーを使わずに汚れを落とすには時間がかかります。また、急に湯シャンに切り替えるとゴワゴワ感やベタつきが気になって仕方がないみたいです。

失敗しない湯シャンとは?

湯シャンが注目されるのは、次のようなことが前提にあるからです。

・汚れの80パーセントはお湯だけで落ちる。
・高級アルコール系界面活性剤はやっぱり強烈過ぎ。
・頭皮の荒れはシャンプーが原因である場合が多い。
・健康な頭皮は脂質バランスが良いので無臭になる。

シャンプーをやめて湯シャンに挑戦し始めた人が失敗するのは、その切り替え方が極端過ぎた場合が多いようです。

つまり、

今日から全面的にシャンプーを廃止し、湯シャンだけに切り替える

と言うのが失敗の原因だということです。

シャンプーの回数を減らすことから始めて、徐々に湯シャンに移行していけば、無理なく切り替えることができると考えられます。

あともう一つ、よく言われていることがあります。それは、

湯シャンをし始めて数か月間はニオう

ということ。これは実践した人たちの多くが経験していることです。

シャンプーで荒れた頭皮がシャンプーから解放されます。すると本来の頭皮再生サイクルを取り戻すまでの間、油脂を多めに分泌するそうです。

落ち着くまではベタつきがあるようなので、その間はやはりニオイが出ることがあるので注意が必要です。

人によっては、湯シャンオンリーにするのではなく、石鹸シャンプーを使ってみたり、重曹+クエン酸で洗ってみたりする猶予期間を設けるようにしているようです。塩で洗う塩シャンというのもあります。

将来的に湯シャンにする可能性のある人は、上手な切り替えが大切であることなじむまでに時間がかかるということを覚えておきましょう。

湯シャン専用のクレンジングローションも

湯シャンにしたいのだけれど、やっぱり湯シャンだけではどうも心配で・・・

という人のニーズに応じた製品も登場しました。

湯シャン専用のスカルプクレンジングローション「すっぴん地肌」です。

これから湯シャンに挑戦しようという人には心強い助っ人というところでしょうか。

また、すでに湯シャンを実践している人でも、

どうしてもガサガサ感が気になる。
湯シャンは続けたいけど、時々ニオうと言われるのが嫌。

という人は少なくないはず。ハードルの高い湯シャンを身近なものにしてくれるのが、湯シャン専用のスカルプクレンジングローション「すっぴん地肌」だと言えます。

もちろんシャンプーと違って界面活性剤は不使用ですし、香りは天然由来のグレープフルーツの自然な香り。弱酸性で地肌を刺激することなく適度に油脂を落としてくれる「すっぴん地肌」は、湯シャン派にとって最良の選択肢かもしれませんね。

すっぴん地肌

→「すっぴん地肌」について詳しく見る

管理人が湯シャンをしてみて感じたこと

管理人は、もうかれこれ6か月以上湯シャンを実践しています。何年も続けている芸能人と比べれば、6か月ぐらいでは本当の効果はわからないのかもしれませんが、少なくとも次のような効果を感じることができました。

・頭皮の荒れがほとんどなくなった。
・かゆみが少なくなった。
・抜け毛が減った。

しかしデメリットもあります。

・髪の毛が立ちやすくなる。
・夕方過ぎるとベトベト感が強くなる。

残念ながら、白髪は特に減った様子はありませんでした。ちょっと期待していたのですが・・・。

管理人の場合、ソフトモヒカンっぽい髪型で通しているので、基本的には短髪。だから湯シャンでも全然問題なかったということもあります。非常に抵抗なく湯シャンに移行することができました。

もうしばらく続けてみようと思っています。

まとめ

以上、湯シャンについて簡単にまとめてみました。いかがでしたでしょうか。

頭皮に悩んでいる人はたくさんいます。湯シャンのメリットを生かして頭皮トラブルが解決できれば、こんなに素敵なことはありません。

髪や頭皮で悩んでいる人は、思い切って湯シャンを試してみてもいいかもしれませんね。

湯シャンは頭皮の健康を回復・維持するには効果があると考えられます。「芸能人がやっているから」ではなくて、自分の頭皮と相談しながら少しずつ試してみる、という感じで行うのがいいかもしれません。
スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク